イベント > 鉄道芸術祭

上方本談、どこまでも話す年-其の四 柴崎友香・独談「"京橋あたり"から"土居ぐらい"までを言葉で描く」
鉄道芸術祭vol.3 関連プログラム

11.17

日時11月17日(日)14:00─16:00
定員60名程度(参加無料・事前予約優先)
ゲスト柴崎友香(小説家)
カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員・アートエリア B1運営委員)

映画化された出町柳が舞台の『きょうのできごと』や、数々の賞を冠した大阪 の今昔を廻る『その街の今は』など、何気ない日常を丁寧に見つめ、おおらかに、そして細やかに言葉で描く柴崎友香。この度の沿線探訪では、自らの高校時代の思い出が詰まり、懐かしい友人が住まう、京橋あたりから土居ぐらいまでを巡り、そこから見えてきた風景や紡いだ言葉の数々を振返ります。

柴崎友香柴崎友香
小説家。1973年、大阪府生まれ。2000年のデビュー作『きょうのできごと』が映画化され、話題となる。2006年『その街の今は』で織田作之助賞大賞受賞等、2010年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞を受賞。2012年の『わたしがいなかった街で』では、空爆にさらされた大阪・京橋の街が描かれる。現在「Lmaga.jp」にて「よう知らんけど日記」を連載中。

 

関連イベント・関連情報

10.22
|
12.25
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

鉄道芸術祭vol.3
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

会期2013年10月22日[火]ー12月25日[水]
   12:00─19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日・12/24は開館)
入場料無料(一部有料イベント有り)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪電気鉄道(株)】
監修・企画・構成松岡正剛
協力ほんばこや、イシス編集学校、編集工学研究所
会場設計dot architects
特別協力(株)海洋堂、graf、ジュンク堂書店、スタンダードブックストア、
     パナソニック(株)
助成おおさか創造千島財団、大阪市
認定公益財団法人 企業メセナ協議会

  2017年5月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»