イベント > ラボカフェ

中之島哲学コレージュ/アートと私たちを考える4
芸術作品の〈賞味期限〉

5.22

時間19:00-21:00
定員50名程度
進行役荻野亮一(大阪大学大学院文学研究科院生)
カフェマスター本間直樹(大阪大学CSCD教員)
共催カフェフィロ

芸術作品を保存することは広く一般的に行われていますが、その根拠や意味は必ずしも明らかではありません。現在では保存することの困難な、もしくは目的としない「できごと」の創造を中心とする無形の作品やプロジェクトも数多くみられます。連続企画の今回は芸術作品を保存することの意義や理由をめぐって、じっくりと対話を試みます。

 

  2019年2月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»